「働き方」を変えよう!
という世の中で、
私たちが役に立つには?

現場サポートのワークスタイルイメージ 現場サポートのワークスタイルイメージ

ごあいさつ

株式会社現場サポート代表取締役福留 進一 写真
株式会社現場サポート
代表取締役
福留 進一

 私たちは、建設現場の生産性の向上を実現すべく、建設業向けクラウドサービスの普及や運営支援を営業の柱としてまいりました。その効果は国土交通省工事で証明され、地方公共団体の工事でも採用されて、着実に普及してきました。ますます期待に応えられるよう、知恵を絞っていかねばと考えているところです。

 一方、お客様に「働き方改革」を進める商品を提供している私たちが、旧態依然とした働き方をしているわけにはまいりません。昼夜関係なく長時間働いていた創業期、離職率が30%近くもあった教育制度も整っていなかった頃、二桁成長を続ける中で年度末には徹夜作業をしていた頃など、私たちも様々な経験をしてきました。

 そして今、過去の経験を踏まえて、自らの働き方について本質的な議論を深め、一つの結論を導き出しました。

 それは、仕事の生産性を高める「働き方改革」の実現は、「人と人との関係」「仕事のやり方」「システム・制度」がバランスよく重なり合って初めて実現できるということです。とかく表面上の制度が注目されますが、制度だけを変えても何も変わりません。人は変化を嫌う生き物であり、組織は人の集まりですから独特の風土を形成しています。

 今、国全体で「働き方」を変えようという機運が高まる中、私たちが役に立つにはどうしたらよいか?

 私たちの組織の成熟度はさておき、自らの取り組みを公開することで、多くのお客様や地域の会社の比較検討の材料として大いに議論していただけることを願っております。

「働き方改革」とは、
会社と個人それぞれが満足できる
環境を整えること

売上の実現から理念の実現へ
価値前提経営へのシフト

創業間もない頃は、業績が上がっても、人が定着しないと悩む時期がありました。
売上を積み上げる事実前提経営を見直し、経営理念や経営方針を実現するための価値前提の経営へシフトしました。新卒採用をきっかけに教育基盤の見直しを実施しました。
現場サポートでは「共育ち」を方針とし、ひとりひとりの成長を重視しています。

チームで支え合う働き方へ

「社員は仲間である」との方針に基づき、社員の声を聴く仕組みを入れ、ひとつずつ改善してきました。
自律した社員がいきいきと働ける環境づくりを進めていく事によって、チームで支え合う働き方が少しずつ実現され、結果的に付加価値生産性の向上に繋がってきています。
また、離職率はぐっと下がり、2017年度は離職率0%となりました。
今後も更に時間当たりの生産性向上を意識した働き方へのチャレンジを続けてまいります。

社員の声を聴く仕組み

いづれも毎年継続して実施する仕組みです。

経営アセスメント
社員満足度調査
給与アンケート
個人面談等
売上の実現から理念の実現へ 移行のイメージ
社員の声を聞きながら一歩ずつ改善

離職率0%達成!人の成長を重視した仕組みづくり 離職率0%達成!人の成長を重視した仕組みづくり

事実前提経営から価値前提経営への転換 事実前提経営から価値前提経営への転換

事実前提経営

戦略>施策を回し、今の数字を上げる経営

価値前提経営

理念>方針>計画を策定し、あるべき姿に近づく経営

3年以内の新卒離職率0% 3年以内の新卒離職率0%

「チームで支え合う働き方を実現する
3つのポイント

システム・制度
システム・制度

会社・組織の目標や実現したいことと、社員個人の希望ややりたいことを相互にすり合わせ、補完するシステムや制度が整っている。

仕事のやり方
仕事のやり方

自律した個々の社員が、仕事のやり方を工夫し付加価値生産性を高める仕事のやり方を、常に考えて実行している。

人と人との関係
人と人との関係

「感謝」と「承認」によって、笑顔あふれる社風が醸成されている。
また、変化を許容できる先進的な風土がある。

システム・制度だけでなく
ソフト面にも目を向けることが必要

ハード面である「システム・制度」は氷山の一角に過ぎません。
【チームで支え合う働き方】を実現するためには、システム・制度だけでなく、もっと内部に目を向けることが大切です。「仕事のやり方」、そして「人と人との関係」。これらのポイントすべてをバランスよく整えていく必要があります。

見えやすいハード面だけでなく、見えにくいソフト面とのバランスが大事!

その1システム・制度

現場サポートでは生産性の向上を目的とし、ひとりひとりが働きやすい環境・多様な制度を導入しております。 「社員ひとりひとりの成長無くして、会社の成長は無い」という考えのもと、日々の業務の中で、将来の自分自身のあるべき姿を意識してもらうことを願うと共に、そのビジョン実現のための行動計画支援を行います。

リフレッシュ休暇

リフレッシュ休暇

年一回連続5日間の休暇の取得が義務です。

フレックスタイム制

フレックスタイム制

柔軟に出勤時間を調整できます。

子供の年齢制限なし時短勤務

子供の年齢制限なし
時短勤務

お子さんの年齢によらず時短勤務を選択できます。

インターバル制度

インターバル制度

社員の健康を留意した生活時間の確保ができます。

テレワーク制度

テレワーク制度

場所にとらわれず、仕事ができます。

育児・介護休暇制度

育児・介護休暇制度

女性の育児休暇取得&職場復帰率は100%です。

リ社長面談

社長面談

年6回の社長面談を実施。一人一人の声を聴く仕組みがあります。

目標管理

目標管理

個人と企業の成長を視点にPDCAをまわします。

キャリア開発面談

キャリア開発面談

年2回、自分のキャリアや自己成長を考える面談があります。

その2仕事のやり方

チームで働く環境づくり・
自律した仕事のやり方

プロジェクト型組織で、若手でもプロジェクトリーダーの経験をします。 自律した社員が常にチームメンバーと連携して生産性の高い仕事のやり方を実行していきます。

詳しく見る
チームで働く環境づくり・自律した仕事のやり方 チームで働く環境づくり・自律した仕事のやり方

その3人と人との関係

「ありがとう」と「笑顔」があふれる社風作り

現場サポートでは、【社員は仲間】という方針のもと、感謝の気持ちやお互いを尊重し認め合う組織風土創りを重視しています。

詳しく見る
人と人との関係
子育てをしながら働くメンバーに、実際の仕事や社内の雰囲気について質問してみました

優先順位をつけて仕事を進めるようになり、メリハリが付きました。

時間に制限があるので業務を依頼する事が増え、申し訳なさが先行していましたが、 依頼された方がいかに業務が進めやすくなるかを考えるようになりました。自ずと優先順位をつけて仕事を進める事ができるようになり、メリハリが付きました。

また、 「感謝」する事が当たり前に考えられているところが好きです。 ありがとう掲示板を始め、色んな所に「感謝の言葉」が多くある事を感じます。

自分の成長は勿論ですが、会社内の若い世代 の方々がどんどん成長する過程を見ているのは、楽しみであり、喜びですね。 パワフルな社員が多く、自身にもとても刺激をもらえます。

それぞれのメンバーに
合った働き方を
サポートする
仕組みがあります

それぞれのメンバーに合った働き方をサポートする仕組みがあります それぞれのメンバーに合った働き方をサポートする仕組みがあります

外部評価

鹿児島県経営品質賞優秀賞
2014年10月

鹿児島県経営品質賞
優秀賞

公益財団法人かごしま産業支援センターより平成26年度鹿児島県経営品質賞『優秀賞』を受賞しました。
組織価値を明確にし自律性の高い人材集団を目指す組織風土づくり、 「社員は仲間」を原点とした実践的なスキル向上活動と社員の成長を促す職場環境の醸成、ソリューションベースの商品提供プロセスの展開と親身になったお客様対応サービスの徹底が高く評価されました。

厚生労働省ユースエール企業認定
2016年3月

厚生労働省
ユースエール企業認定

九州一社目

九州第一号のユースエール認定企業(※)として厚生労働省より認められました。

※若者の採用・育成に積極的で、若者の雇用管理の状況などが優良な中小企業を厚生労働大臣が認定する制度

私たちのこれから

会社と個人のビジョンを一緒に創る

「社員は仲間」という方針のもと、会社と個人のビジョンをすり合わせ、共通の目的に向かって取り組みます。
そして、優秀な社員を地域の財産として、今以上の活躍の場や多様な働き方の提供を実践してまいります。

社員全員でディスカッションしながら作成したビジョンポスター
社員全員でディスカッションしながら作成したビジョンポスター

経営理念

私たちは、情報の処理・活用を
支援するプロフェッショナルとして、
常に最適な価値を創造し、
お客様と社会に貢献します。
そして、私たちは、物心ともに豊かになります。

現場サポートのワークスタイルイメージ 現場サポートのワークスタイルイメージ