シリーズ:テレワーク(外部コラムからの検証:GPTW)

<風土・マネジメント編> 
テレワーク導入で大事にしたい3つのケア 

弊社が『日本における働きがいのある会社ランキング 小企業部門2位』を受賞させて頂いた、GPTWのページにテレワーク導入で大事したい3つのケアというコラムがあります。

https://hatarakigai.info/library/column/20200327_210.html

その3つのポイントに照らして、弊社の取り組みをチェックしてみます。 

① 日頃から何でも言い合える人間関係を築いている 

・社長も部長も新入社員も『さん付け』として、お互い尊敬し合う関係性を目指している。
・社長面談・部長面談を通して、相互理解の努力をしている。 
・層別の懇親会などを定例化し、気軽に話しかけられるようにしている。 
・木鶏会(読書会)を実施して、仕事以外のテーマについて議論する場がある。 
・『ありがとう掲示板』『ありがとう大賞』を通して、相互に感謝し合う場を作っている。 

② ビジョンと仕事を結び付け、個人がやるべきことを認識できている 

・理念・ビジョン・方針等を成文化した『GSPolicy』を配布している。 
・上記を理解するための勉強会を実施している。
・中期事業構想、戦略策定に、ほぼ全社員が関与している。
・個人の目標管理は、戦略目的から落とし込まれた目標としている。

③ 個人の仕事の状況を誰にでもわかるように仕組化している 

ITをフル活用し、仕事の見える化をしている。

<<CybozuOffice>>
・スケジュール管理
・掲示板(公式な案内はここ)
・ファイル管理(規定類・ガイドライン等の文書はここ)

<<Cybozu kintone>> 
・SFA 
・プロジェクト管理 
・勤怠管理 
・各種ワークフロー 

<<現場クラウドConne>> 
・グループ別のチャットによるリアルタイムなやり取りの見える化
(1日 1,000通以上)

コラムにもありますが、テレワークだから特別何かといったものでもありません。
逆にテレワークを機に着手できれば、プラスに転じさせることもできるのではと思います。 ピンチはチャンス!!

PS
写真は表彰式の際のものです。 
久しぶりにちゃんとした格好をしました。( ̄▽ ̄;)