第65回 GS木鶏クラブ【寧静致遠】

6月のGS木鶏会(GS木鶏クラブ)の感想文を紹介します。

今月は、経営方針説明会開催日の午前中を使ってホテルの会議室で行いました。
普段と違う雰囲気の中で、顧問2名も参加して頂き、良いコミュニケーションの場にもなりました。

今回のテーマは、「寧静致遠」なんて難しい言葉なんだろうと思います。
遥か遠くにある目的地も、誠実で地道な努力の積み重ねより到達できるという先人の教えとのこと。しっかり覚えておこうと思います。

さて感想文は、来期から管理区分(一般的な用語は管理職)に上がる社員の感想文です。
是非、ご覧ください。

========================================
私は「我以外皆我師」という言葉が心に残りました。
吉川英治さんの有名な言葉だそうですが、とても素晴らしい言葉だと思います。

社会はもちろんのこと、特に現場サポートはとても速いスピードで変化していっており、その流れに取り残されないよう、自分を高めていくために、この我以外皆我師という姿勢で学び続けることが必要です。
そのためには、やはり謙虚さを持ち続け、周りのいいところに気付くセンスを磨かないといけないと自省させられます。

また、松下幸之助さんの「成功している会社は成功するようにやっている」という言葉もなるほどと思いました。

新さんの「コツコツ、カツコツ」という話がありましたが、自分のように能力のない人間は目標に一歩でも近づく為には、日々コツコツ努力するしかないというのはその通りなのでしょうが、それを成功しようという意思を持っているか、成功するやり方でやっているかというと、なかなかできていないように思います。

日々の仕事の中で、やることそのものが目的になってしまい、「そもそも何のためにやっているのか」がすっかり抜け落ちていることが多々あります。

13期は自分だけでなく、仲間やBPさんと一緒に「まずどうなりたい?」をしっかり数字とイメージとして共有し、また期末にいい結果を出して、BPさんのコンテストや社員のボーナスがたくさんもらえるよう頑張ります。